こどもと一緒に登山

tozan100.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

こどもと一緒に登山2

「こどもと一緒に登山」容量が一杯になったので、「こどもと一緒に登山2」を作りました。
これからも、よろしくお願いします043.gif
お気に入りブログにあります。

[PR]
by 4kazu0804 | 2015-10-20 21:55 | 日々のこと | Comments(0)

星生山・白口岳

2015年10月3日(土曜)晴れ
星生山(1702m)白口岳(1720m)

九州本土で標高1700mを超える未登頂の残り2座に行ってきました。
素晴らしいの秋空。
連休中にかかわらず登山者が少なく気持ち良く登ってきました。


7:17 牧ノ戸レストハウス     7:18 牧ノ戸登山口    7:28 展望所
b0291016_20033620.jpgb0291016_20041062.jpgb0291016_20043754.jpg






展望所で、どこかの取材クルーと一緒なりました。
賑やかに登られていて楽しそうでした。

7:32 展望所から       7:34 沓掛山へ向けて出発
b0291016_20045572.jpgb0291016_20053522.jpg





b0291016_20051696.jpg

牧ノ戸登山口から沓掛山まで32分。参考コースタイムが30分。
展望所で取材クルーの方が先に行かれるのを待っていましたので、
いつも遅い『かずみち登山隊』にしては、いいペースです。

7:41 牧ノ戸から700mの地点  7:49 沓掛山山頂     7:51 これから行く縦走路
b0291016_20055784.jpgb0291016_20062082.jpgb0291016_20065386.jpg






沓掛山から扇ケ鼻分岐まで45分。参考タイムが50分。
膝の痛みもなく、まだまだ快調。

7:53 牧ノ戸から1km     7:58          8:34 扇ケ鼻分岐
b0291016_20071724.jpgb0291016_20075101.jpgb0291016_20084600.jpg







8:34 これから登る星生山  今まで歩いてきた道     8:47 星生山分岐で一休み
b0291016_20091146.jpgb0291016_20093122.jpgb0291016_20103369.jpg






               8:50 星生山に向けて登山開始    9:16 星生山山頂
b0291016_20111446.jpgb0291016_20114791.jpgb0291016_20121077.jpg







分岐から星生山まで26分かかっていますが、
9:07に星生山の尾根に着き、しばらく散策したので星生山分岐から星生山までは
そのまま登れば20分かからないと思います。

星生山の尾根からの景色
b0291016_21525854.jpg



星生山山頂からの景色
b0291016_20123894.jpg

9:24 星生崎へ向けて岩尾根を行く               10:03 避難小屋横を通過
b0291016_20135973.jpgb0291016_20142199.jpgb0291016_20155314.jpg








10:06 久住別れ      10:09 中岳方面へ      10:17
b0291016_20161917.jpgb0291016_20165957.jpgb0291016_20172559.jpg








10:24 御池        10:31           10:34 池ノ小屋
b0291016_20175492.jpgb0291016_20181676.jpgb0291016_20184109.jpg






10:48 稲星山分岐     10:48 リンドウ       11:00 白口岳分岐
b0291016_20191694.jpgb0291016_20193955.jpgb0291016_20200934.jpg






11:08 白口岳登山道     11:20 白口岳山頂
b0291016_20204081.jpgb0291016_20210229.jpg





白口岳山頂からの景色
b0291016_20211587.jpg


12:35 白口岳分岐に戻って  12:49 坊がつる分岐通過  13:09 池ノ小屋にて休憩後、御池へ
b0291016_20214822.jpgb0291016_20221733.jpgb0291016_20224548.jpg








13:13 御池通過    13:16 御池横の岩場で遊ぶ  13:35 久住別れを通過
b0291016_20234071.jpgb0291016_20240616.jpgb0291016_20243845.jpg






13:37 避難小屋      13:44 避難小屋を後に      15:22 牧ノ戸登山口
b0291016_20254002.jpgb0291016_20452169.jpgb0291016_20462633.jpg






避難小屋過ぎたあたりで、膝の痛みが再発。
段差があると、一歩一歩慎重に歩かないと歩けない状態に。
牧ノ戸登山口まで、何人の登山者に追い越されたことか。
それでも標準コースタイム1時間25分のところを、1時間38分で歩いていました。
コースタイムの設定が遅すぎる?

白口岳はじめて登りましたが、素晴らしい山でした。
ミヤマキリシマの咲く頃にもう一度登ってみたいと思いました。
かずの一言『久住はとてもいい山だから、登っていない平治岳や黒岩山にも登ってみたい。』

[PR]
by 4kazu0804 | 2015-10-15 22:15 | 大分県 | Comments(0)
2015年9月21日(月) 晴れ

ひざの状態が思わしくなく、縦走の途中で歩けなくなることは避けたい。
そのように考えて、予定を変更して九折越コースから下山することに決めました。

縦走をやめたので、たっぷりと睡眠をとりました。
6:25 『かず』が目を覚ます  6:36 坊主尾根をバックに  7:18 案内標識
b0291016_21265136.jpgb0291016_21271111.jpgb0291016_21284044.jpg








7:18 下山開始       7:26 九折越コース     7:28 標高1200m
b0291016_21290548.jpgb0291016_21301449.jpgb0291016_21312948.jpg







自然林の中をジグザグに下りて行く。標高差100mを11分間隔。
林道出会いまでは、危険個所もなく快調に進みました。
7:39  標高1100m    7:50 標高1000m     8:11 林道出会い 
b0291016_20315669.jpgb0291016_20321427.jpgb0291016_20325084.jpg






8:25 標高800m     8:35 ロープ場を下りる   8:55 マイカップと一緒に記念撮影
b0291016_20331118.jpgb0291016_20335522.jpgb0291016_20350074.jpg







何度も徒渉地点がありました。標高800mから600mまでは1時間8分かかっています。
カンカケ谷は、結構大変でした。
8:57 休憩後に、川を渉る    9:10 大人は簡単に渉れても    9:33 標高600m
                    子どもは大変です。
b0291016_20361298.jpgb0291016_20371550.jpgb0291016_20412133.jpg








標高600mから500mまでが24分、500mから400mまでが19分。
林道出会いから駐車場までが2時間9分。
参考タイムが1時間20分。50分程余分にかかっています。
膝を痛めて、最後はゆっくりしか歩けなかったんですが、それにしても時間がかかり過ぎ。
9:57 標高500m      10:11 分岐        10:16 標高400m
b0291016_20413542.jpgb0291016_20415380.jpgb0291016_20420842.jpg






我々のパーティーより遅いパーティーはいません。いつもいつも追い越されます。
それは、私がひとり足を引っ張っているからです。
今回は膝も故障して縦走も断念しなければなりませんでした。

それでも、私は諦めません。
子どもと一緒に登山できる喜びがあるからです。

[PR]
by 4kazu0804 | 2015-10-13 22:02 | 大分県 | Comments(0)

傾山(坊主尾根コース)

2015年9月20日~21日 晴れ

シルバーウィークに屋久島へ行きたかったのですが、レンタカー&宿が予約できず諦めて、
祖母傾山の縦走にチャレンジしてきました。
19日に九折登山口駐車場でテント泊。
b0291016_20591750.jpg

二泊三日の予定で、食料も三日分用意。ザックの重さは大人二人が15kg、かずが7kg担ぐことに。




九折登山口駐車場 6:07
b0291016_20593704.jpg出発準備。他のパーティーは出発していました。







九折登山口駐車場出発 6:10
b0291016_20595525.jpg一日目コースは 九折登山口~(観音滝コース)~三ツ尾~(坊主尾根コース)~傾山~九折越(泊)
     




6:14             6:16             6:18 鉄製の橋を渡る 
b0291016_21244126.jpgb0291016_21250438.jpgb0291016_21252948.jpg







6:23 九折越コース分岐      6:26           6:42 滝壺分岐
b0291016_20533363.jpgb0291016_20540226.jpgb0291016_20542486.jpg







6:46 ロープが張ってある岩場  6:48 観音滝        6:52 観音滝沿いの登山道を行く
b0291016_20550045.jpgb0291016_20553142.jpgb0291016_20563554.jpg








九折駐車場から登山口までの標準コースタイムが50分。
実際にかかった時間は1時間24分。すでに34分オーバー。
この1か月の間、まったく運動をしていなかったことを後悔。
7:08 徒渉地点        7:31 林道出会いで休憩     7:34 登山口
b0291016_20581477.jpgb0291016_20594416.jpgb0291016_21001065.jpg








9:30 三ツ尾        9:34 坊主尾根コースを行く   10:00 三ツ坊主分岐
b0291016_21010550.jpgb0291016_21013556.jpgb0291016_21020401.jpg






登山口から三つ尾まで標準コースタイム1時間20分のところを、1時間56分。
36分オーバー。トータルで1時間10分オーバー。九折越まで行けるのか?

10:49 岩場を下りる      12:47 ハシゴ場を通り過ぎて   13:35 岩壁をよじ登る
b0291016_21025621.jpgb0291016_21035385.jpgb0291016_21043142.jpg








あまりに状態が良くないので、休憩を兼ねて11:30過ぎに昼食にしました。
昼食を食べたら少しは元気が出るかと思ったのですが・・・。
食事も喉に通らないほど疲労困憊でした。
それでも何とか栄養補給をして歩き始めました。




「きつい、きつい。」を連発する父親に、
かずが「『楽な道、楽だなぁ~』と思いながら登ったら足がどんどん前に出るよ。」と。
7kgのザックを担いで登る息子の成長に驚かされます。

13:45 水場コースと合流  14:14            14:51 傾山山頂
b0291016_21045393.jpgb0291016_21051266.jpgb0291016_21054590.jpg






標準コースタイム2時間50分のところを・・・
なんと5時間21分かかってしまいました。
登山開始から8時間40分。食事の時間を差し引いても、標準コースタイムと3時間以上の差が。






山頂からの景色        15:17 後傾から傾山
b0291016_21063836.jpgb0291016_21073475.jpg






この写真を撮影したあと、『かず』がどんどん先に行って姿が見えなくなりました。
今までも、離れてはいけないと言い聞かせていたのですが・・・
この日は、まったく姿が見えなくなり心配になりました。
九折越まで行かれる登山者の方に追いかけてもらいました。


九折越キャンプ場まで行くと、そこに『かず』が立って待っていました。


『かず』に話を聞くと、縦走する人たちがどのくらいのペースで歩いているのか?と思い先行者について行ったと。
離れることは危険なことなので、厳しく注意しようと思っていたのですが、『かず』の気持ちもよく分かったし、こちらが注意しようと思っていたこともすでに理解しているようでした。


この後、『かず』は水場まで行ってくれました。
17:03 水場から戻ってくる『かず』  17:16 夕食
b0291016_21090709.jpgb0291016_21105294.jpg







水場から戻ってくる『かず』の後ろに見えるテントは、『かず』を追いかけてもらった登山者の方です。有難うございました。
ソロの登山者の方でしたが周りの登山者にも笑顔で挨拶を交わされている姿が印象に残っています。


[PR]
by 4kazu0804 | 2015-10-04 11:00 | 大分県 | Comments(0)

登山記録


by 4kazu0804