こどもと一緒に登山

tozan100.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:大分 (九州百名山以外)( 2 )

2015年7月26日(日)
中摩殿畑山(991.1m)

中摩殿畑山の雨乞いの神事に参加させてもらいました。
昔は集落からお供え物を持って登っていたそうですが、ご高齢の方が多いということで、
途中まで、というより山頂に一番近い登山口まで車で行くことに(7:28)
b0291016_18202522.jpg






一般車はゲートがあり通行止めの大野々林道。
この荒れた林道、普通の車では走れません。軽トラの走破性、運転技術にびっくり。

谷源流登山口の少し手前で駐車して、林道を歩き(8:37)
b0291016_18204607.jpg






谷源流登山口へ(8:49)
b0291016_18211190.jpg







9:01 しゃくなげがいっぱい        9:07 まもなく山頂
b0291016_18213598.jpgb0291016_18223070.jpgb0291016_18225329.jpg







9:09 山頂            山頂標識        山頂三角点
b0291016_18231693.jpgb0291016_18233822.jpgb0291016_18240508.jpg







英彦山方面の眺め       草むしりなどを手伝い、神事に参加
b0291016_18492335.jpgb0291016_18511601.jpgb0291016_18512979.jpg







9:41 下山開始       9:52 みなさんと別れて、駐車地からは、登山道を下山。
b0291016_18565302.jpgb0291016_19004666.jpgb0291016_19010530.jpg







9:58 林道の石積みの場所から   10:06 急傾斜の登山道を下り  10:15 市平奥畑林道に出会い
b0291016_19012260.jpgb0291016_19015379.jpgb0291016_19055542.jpg







市平奥畑林道取付点    10:15 コンクリート道路を下り  10:17 
b0291016_19104881.jpgb0291016_19111982.jpgb0291016_19114149.jpg







10:25          10:29 昔の棚田の跡でしょうか?10:30 最奥の民家前にある案内板
b0291016_19121555.jpgb0291016_19123123.jpgb0291016_19124170.jpg








10:30 集落への一本道を下り 10:34 登山者用駐車場  10:35 西京橋の景と天岩戸案内
b0291016_19125795.jpgb0291016_19131637.jpgb0291016_19132991.jpg











*[今日の山行]谷源流登山口~20分~山頂~53分~岩伏登山口
*市平奥畑林道と大野々林道の中間地点ぐらいまでは、コンクリート道路が岩伏登山口から続いています。
 軽トラぐらいなら通行出来そうな道です。10:17の写真あたりは車の通行は無理です。
*中間地点過ぎたあたりから、ようやく登山道らしくなります。谷源流登山口からは、しゃくなげの木が多くなります。
*山頂からの景色は、英彦山方面が見渡せました。
*今回の神事に参加して思ったことは、山は集落の人々によって整備されていることを実感できました。
地元のみなさんに迷惑を掛けないように登山しないといけないと改めて思いました。

[PR]
by 4kazu0804 | 2015-08-16 22:54 | 大分 (九州百名山以外) | Comments(0)

伐株山

万年山に登った後に,車で移動して「針の耳」登山道から登ります。
このコースは,ちょっとした鎖場があり楽しいコースでした。小さいお子さんは,落下したら大けがをする可能性があるのでスリングなどで安全を確保して登られることをお勧めします。
九州百名山以外も含めて105座目
2013年2月24日(日)快晴
針の耳コース          初めは階段を登っていきます。  いきなりの急登(0.03)
b0291016_11573447.jpgb0291016_1158129.jpgb0291016_11581819.jpg







ハーネスとスリング(120cm×2)を使って,子どもの滑落防止策をとって登りました。(0.09)
b0291016_1159119.jpgb0291016_1201476.jpgb0291016_120418.jpg






子どもにとっては段差があり過ぎて大変。
b0291016_121037.jpgb0291016_123182.jpg






梵字が刻まれた岩(0.10)       
b0291016_1234492.jpgb0291016_1242230.jpgb0291016_1245814.jpg











針の耳と呼ばれる岩の間を通って登る。子どもにとって足掛りがなさ過ぎて登りにくそうだった。
ロープなどで安全を確保して登らないと,途中で鎖から手がはずれると岩に頭などを打ちつけることになります。(0.13)
b0291016_126655.jpgb0291016_1265639.jpgb0291016_128418.jpg








針の耳は迂回路があります。


まだまだ鎖が張られたところを通過します。
b0291016_1210275.jpgb0291016_12103693.jpgb0291016_12131085.jpg












頂上からの玖珠方面の眺め     伐株山(685m)頂上(0.40)         城跡の説明版
b0291016_12144375.jpgb0291016_12155971.jpgb0291016_12164254.jpg










伐株山の伝説          頂上広場のブランコ          登山口(1.57)
              横の鎖が長いため豪快に
               空へ飛び出しそうなブランコ
b0291016_1217996.jpgb0291016_12181198.jpgb0291016_1219916.jpg











本日の登山 針の耳コース登山口~0.13~針の耳~0.27~伐株山
         下山時間は頂上広場で遊んだため正確な時間がわかりません。
[PR]
by 4kazu0804 | 2013-02-24 13:12 | 大分 (九州百名山以外) | Comments(0)

登山記録


by 4kazu0804