こどもと一緒に登山

tozan100.exblog.jp
ブログトップ

伐株山

万年山に登った後に,車で移動して「針の耳」登山道から登ります。
このコースは,ちょっとした鎖場があり楽しいコースでした。小さいお子さんは,落下したら大けがをする可能性があるのでスリングなどで安全を確保して登られることをお勧めします。
九州百名山以外も含めて105座目
2013年2月24日(日)快晴
針の耳コース          初めは階段を登っていきます。  いきなりの急登(0.03)
b0291016_11573447.jpgb0291016_1158129.jpgb0291016_11581819.jpg







ハーネスとスリング(120cm×2)を使って,子どもの滑落防止策をとって登りました。(0.09)
b0291016_1159119.jpgb0291016_1201476.jpgb0291016_120418.jpg






子どもにとっては段差があり過ぎて大変。
b0291016_121037.jpgb0291016_123182.jpg






梵字が刻まれた岩(0.10)       
b0291016_1234492.jpgb0291016_1242230.jpgb0291016_1245814.jpg











針の耳と呼ばれる岩の間を通って登る。子どもにとって足掛りがなさ過ぎて登りにくそうだった。
ロープなどで安全を確保して登らないと,途中で鎖から手がはずれると岩に頭などを打ちつけることになります。(0.13)
b0291016_126655.jpgb0291016_1265639.jpgb0291016_128418.jpg








針の耳は迂回路があります。


まだまだ鎖が張られたところを通過します。
b0291016_1210275.jpgb0291016_12103693.jpgb0291016_12131085.jpg












頂上からの玖珠方面の眺め     伐株山(685m)頂上(0.40)         城跡の説明版
b0291016_12144375.jpgb0291016_12155971.jpgb0291016_12164254.jpg










伐株山の伝説          頂上広場のブランコ          登山口(1.57)
              横の鎖が長いため豪快に
               空へ飛び出しそうなブランコ
b0291016_1217996.jpgb0291016_12181198.jpgb0291016_1219916.jpg











本日の登山 針の耳コース登山口~0.13~針の耳~0.27~伐株山
         下山時間は頂上広場で遊んだため正確な時間がわかりません。
[PR]
by 4kazu0804 | 2013-02-24 13:12 | 大分 (九州百名山以外)

登山記録


by 4kazu0804